Windows10でマイニングソフトが起動しているのに掘ってくれないときの対処法

マイニング, モナコイン

初めて技術的なこと書きます。Windows10のみで発生するクソ現象ですが、簡単に防ぐことができました。

ある日、僕が仕事へ出かけた直後、Windows10のPCがマイニングを停止したという通知が来ました。もしかしたら異常終了して再起動したのかと思っていたのですが、帰宅して見てみると普通にマイニングソフトが起動していました。しかし、何故かマイニングをしていませんでした。

こんな感じの画面になっていたことはありませんか?(画面はccminerの場合)

画面が動いていないんですよね。つまり、ログが流れていない。一見何も起きていないように見えるのですが、これはマイニングができてない状態です。画面の左上をよく見てみると「選択」と表示されています。

実は、こいつが原因です。

マイニングソフトは「コマンドプロンプト」上で起動します。この黒い画面にマイニングログが流れるのですが、Windows10では、このコマンドプロンプトに余計な機能が追加されました。

その名も「簡易編集モード」

コマンドプロンプトに表示されている文字をドラッグすると、選択することができます。コピペしたいときと同じようになり、実際に文字をコピーすることができます。しかし、その選択をしたままコマンドプロンプトの画面を最小化してしまったり、そのまま放置したりしてしまうとマイニングソフトは掘るのをやめてしまうという現象が発生することがわかりました。

画面を端へ持っていったりしたあとや、なんとなく画面をカチカチしたりしていると、意図していなくても「選択」してしまっていることがあります。この機能を無効化すればOKです!

前置きが長くなりましたが、対処法は以下になります。

  1. コマンドプロンプト画面の左上の黒いアイコンをクリック→プロパティ
  2. 編集オプションの欄にある「簡易編集モード」のチェックを外す。→OK

これで、文字をドラッグしても選択できなくなるので、このような現象は発生しなくなります!!ちなみに、PCを再起動してしまうと、再度設定し直さないといけないので、忘れずに。

なお、Windows7ではこの「簡易編集モード」はデフォルトで無効化されているので、基本的にはこの現象は起きないはずです。

同じような現象で悩んでいる方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク